諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

前宮の御左口神 2.1.11

前宮には、御左口神と前宮があった

 諏訪における便宜上の名称「ミシャグジ」は、中世では「御左口」と書かれ、江戸時代中期以降では「御社宮司」が一般的に使われるようになります。

『上社古図』

前宮 神長官守矢史料館では、江戸時代初期の作とされる『天正のボロボロ絵図』(以降は『上社古図』と表記)を復元模写したものを展示しています。左はその一部で、前宮の核心部になります。
 ここでは、社地の中央にある社を御左口神と書き、本来この場所にあるはずの前宮を、境内社にも見える端に描いています。

前宮 原本の『上社古図』を、宮地直一著『諏訪史 第二巻後編』の図録から上図と同じ部分をカットして転載しました。
 塗りつぶしたように見える■に「今ナシ」が透けて見えるので、付箋を除けば、模写本はこの絵図を忠実に書き写したことがわかります。

 その付箋ですが、「宮ナシ/囲ミ」と書かれ「祠と玉垣は無い」と読み取れます。これで、模写本に「今ナシ」がないのは、付箋が剥がれた原本を手本にしたためとわかりました。ただし、付箋の「ナシ」と書き込みの「今ナシ」との違いはわかりません。
 この『上社古図』から、かつての前宮には、御左口神社と前宮社が存在していたと考えることができます。

『年内神事次第旧記』に見る前宮・御門家・御左口神

 文和3年(1354)以前の成立と考えられる、守矢家文書『年内神事次第旧記』があります。武井正弘編『年内神事次第旧記』から、今で言う御頭祭の四日後に行われた「前宮神事」を転載しました。

一、丑日は前宮御神事、…御笹御左口神前宮へ入申、…前宮の神事過て内縣神使殿、峯湛より入御(にゅうぎょ)有…御門家にて御手幣有後、石元(いしのもと)(※1)にて両方(※2)にて御手幣有後、御左口神にて御手幣有…

(※1)石の前(※2)内・大(小)県神使

 わかりやすくまとめると、「廻湛を終えた内県・大県・小県の神使が、御門家・石・(御室から戻った)前宮の御左口神の順で帰着の報告をした」となるでしょうか。

 次に、ここに出る「御門家」が『上社古図』に描かれた「帝屋」に重なると、帝屋を、絵図の見た目にとらわれて拝殿として見ていたことに気が付きました。
 つまり、左に挙げた本宮の帝屋が幣拝殿と並行(立)しているように、前宮の帝屋も同様とするのが自然です。

 それらを踏まえ、『上社古図』を下地に、前後の違いはあっても各社殿は並立していたとする概念図を作ってみました。これなら、帝屋は「前宮」に付帯した社殿とすることができます。

 その帝屋は、天正6年の『上諏方造営帳』に、「一、前宮御宝殿造営・一、前宮之御門屋」とあるので、「天正」はともかく、『天正のボロボロ絵図』に描かれた前宮の御門屋が確かに存在したことがわかりました。

 直接には関係ありませんが、「石(元)」が「大祝がその上で30日の精進を行った」という「御霊位磐」に相当するのではという新たな認識を持ちました。

『大祝職位事書』

 神長官が、五人の大祝が即位した際の次第を記録した文書があります。解題に「頼満祝襲職の次第を守矢継實廿二歳にして手記せるものにして」とある文明16年(1484)のものに、前宮を参拝した折の詳細が書いてあります。関係する部分のみを抜粋してみました。

一、内御玉殿御社参有…さて前宮江御まいり候て御左口神御まえにて御手くら御祝殿に神長もたせ申て…

一、前宮大明神御前にて何も御幣御手樂(くら)大祝殿神長もたせ申、…

諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書第二巻』

 ここでは、「前宮は総称で、そこに御左口神と前宮大明神の祠があった」ことが明解にわかります。これで、『年内神事次第旧記』は微妙ですが、『上社古図』を含め、(大ざっぱな区分ですが)戦国時代までは、標題の如く「前宮には、御左口神と前宮の二社があった」ことが確実となりました。

その御左口神はどこに

 前宮の御左口神は、諏訪神社が中先代の乱によって衰退し「御室神事が廃絶したために存在意義を失った」と想像できます。

 その御室神事は「御室社」の祠として残りましたが、前宮の御左口神は「今ナシ」となり、現在は何らの痕跡も残していません。一方の前宮社は「諏訪大社上社前宮」として現在に至っていますが、この変遷を思うと、江戸時代以降の(御左口神抜きの)前宮についての記述は、私には何か空虚に思えてしまいます。

 ここまで、「前宮の御左口神はどこへ行った」ということで進めてきましたが、飛び火のように次々とリンクしてしまう事物に筆が進まず、とんでもないことを始めたと後悔することになりました。しかし、「土曜日更新」当日になってしまったので、「どうまとめていいのかわからなくなった」続きは次回としました。