諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

諏訪大社上社「前宮」

 「本宮」から茅野市側(南西)へ約1.5キロ離れたところに、諏訪大社上社の「前宮」があります。県道にある信号はどちらから読んでも「前宮前」ですが、そんなことより、本殿へ百メートルの文字に導かれて十間廊と内御玉殿の間にある石段を登ると、なぜか左右は普通の民家です。「田畑の中に古木が覆い…」と昭和53年発行の學生社刊『諏訪大社』は書いていますが、今では新しい住宅も増え、初めて訪れる参拝客は戸惑うようです。
 「前宮の本殿はどこ」と不審の思いが出る頃には、坂の向こう、体力によってはアゴの先に本殿が見えてホッと(したり)します。その祭神は建御名方命の妃神である八坂刀売命(やさかとめのみこと)とされていますが、観光バスが連なる本宮と違い、人気(にんき)と人気(ひとけ)がありません。

前宮

 本殿を目の前にしても、前宮がどのような地形上にあるのかわかりません。そこで、特別にヘリをチャーター…することなく撮ったのがこの写真です。
 中央の緑塊の中が中世には大祝の館があった「神原遺跡」で、諏訪でも一、二を争う水質の「水眼川」が山から下り流れ、なぜこの地を選んだのか納得できます。今は「十間廊・内御玉殿・若御子社」などの社殿と前宮社務所があります。そのやや左上の小さな緑の塊が、知る人には「あれが御柱」と判別できる本殿を囲む杜です。一般的には、この双方を含めて「前宮」と呼びます
 土産物店や自販機とは無縁の前宮ですが、こぢんまりした杜はめっぽう感じがよく太古の趣があります。この場所に立つと、(私には実感がありませんが)古木のフィトンチッドに包まれ、(人によっては)水眼川のせせらぎが心を清浄にしてくれるそうです。

境外摂社「前宮社」

 前宮の古態は、下社の「春宮・秋宮」の二宮と違い、単に上社本宮の境外摂社「前宮社」でした。明治政府はその形態を“世襲”させたため、地元の「本宮と前宮は対等」という意識とはズレが生じました。しかし、徐々に沸き上がってきた社・民挙げての声に、諏訪神社宮司岩本尚賢の名で「摂社前宮社改正願」が出されました。

諏訪神社上社摂社諏訪郡宮川村鎮座前宮神社之儀は、祭神本社に同じく上古には現今宮川村の地に及ぶ迄境内にて、本社前宮両所社殿相対立せしこと下社に春秋両社あると同様の儀に有之候。(後略)
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』

 翌明治29年にはその特殊性が認められ、諏訪神社上社の「本宮に対する前宮」と格付けされ、以降二宮が並び称されるようになりました。昔から、諏訪大社の上社と下社は「二対二」と思いがちですが、明治の半ばまでは、上社は一社だけだったことを頭に置かないと、上社(または前宮)の特殊性が理解できないかもしれません。

前宮は、現在も諏訪大社上社の祭祀場

前宮御頭祭
現在も前宮十間廊で行われる「御頭祭」

 古くは、前宮があるこの地で全ての祭祀が執り行われていました。江戸時代になると、大祝の居住地が宮田渡に移ったために、前宮は急速にさびれました。しかし、「御頭祭」など諏訪神社古来の神事は、本宮からここへ“出向”して行います。そのことから、現在でも諏訪神社発祥の地として重要な位置にあります。
 前宮は、拝門−本殿という社殿配置になっています。昭和以降に出現した形式なので“本殿”と呼ぶには戸惑いもありますが、多くの刊行物は「本殿」と紹介しています。私もつい本殿と言ったり書いてしまうので、このサイトでは便宜上「本殿」としています