諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

リユース伊勢神宮

前宮本殿 現在の前宮本殿は、諏訪人としては“屈辱”的な「伊勢神宮式年遷宮時の古材(一説では余材)を拝領して造られた」とあります。いくら最高品質の木曽桧であっても、20年も経た「(廃)材」を「拝領」というのは…。改めて、我が国トップの伊勢神宮と前宮の序列を思い知らされました。

 そうは言っても、「御柱祭」が終わると急速に“諏訪大社離れ”が進む地元には大口の寄付は期待できません。やはり、(当時はそんな概念はありませんでしたが)リユースという観点からは、この流れは順当であったと思えます。

 この社殿が建てられるまで存在した精進屋は、茅野市北山糸萱(いとがや)の「子之社(ねのしゃ)」として蘇ったそうです。

「ドミノ・リユース恐るべし!?」

折橋子ノ社 これは見に行かなければと思いましたが、「屋根も板張りも新しくなりすっかり変わった」とあったので、早速を「その内に」と変えました。


 後日撮ったのが左の写真です。


‖サイト内リンク‖ 「折橋子之社」