諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社散歩道メニュー /

御沓石(諏訪七石)

 目に付く案内板の類が全くないのは、その余りの「聖石」故なのでしょうか。それとも、「馬の足跡」では有り難みがないからなのでしょうか。何れにしても、「諏訪七石」の一つとしてその前に立つと期待外れに終わります。諏訪大社もそのことを承知していて、あえて「七石」を打ち出していないのでしょう。

 その「御沓石(おくついし)」は一之御柱の背後にあります。石垣のコーナーを背に半ば埋もれた状態の大石は、注連縄が張られていてもこれが「諏訪七石」の一つとは誰も気が付きません。多くの人は本宮最大の御柱を仰いだり写真を撮るのみですから、背後に目が移っても、…ただの庭石でしょうか。

御沓石

 左側に写っている灯籠の中台に取り付けられたプレートに、御沓石の説明が二行だけ書いてあります。それは、御沓石の背後に見える「天之逆鉾(あめのさかぼこ)」の謂(い)われを書いたものなので、諏訪七石を“ないがしろにしている”と非難することはできません。

 三輪磐根著『諏訪大社』では、

上古の貴人の沓の形に似ていることから御沓石と称したと思われるが、大神が御馬に騎してこの石を乗り越えたときに、その御馬の蹄(ひずめ)の跡が石面に留まった石であるともいわれる。

とあり、文政2年に書かれた『信濃國昔姿』では以下のように説明しています。

神前より西の方に有、七石の其の一つにて大石なり、石の下より清水大きに湧き出る、世俗の云う沓石とは諏訪明神神馬に而此石を乗越給うに神馬の沓跡所々に有るが故に沓石と称すると云い伝う(清水は空海上人加持水ともいう)
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書』

御沓石 神長官守矢史料館蔵『復元模写版上社古図』に御沓石が描いてあります。瑞垣で囲われていないので、やはり“馬の足跡”という扱いのようです。ここに「御座石」が見えますが、現在は行方知れずになっています。