諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

諏訪大社は「二社四宮」

 「諏訪大社は、全国に1万の分社があるという諏訪神社の総本社です」と、一口(息)で読める長さにまとめてみました。

昭和5年の調査では、4777社(諏訪市史編纂委員会編『諏訪市史』)
平成9年の諏訪大社調べでは、6467社(上田正昭監修『図説御柱』)

 しかし、これではあんまりですから、その特殊性を一目で理解できるように「図解・諏訪大社」を作ってみました。

図解「諏訪大社」
※ 祭神名は、三輪磐根著『諏訪大社』を参考

 地元では、諏訪大社を「上社(かみしゃ)・下社(しもしゃ)」と、人で言えば名字を省略した形で呼んでいます。あたかも別神社のような呼称の一因は、上図のように、諏訪大社が「上社」と「下社」に分かれていることにあります。
 さらに「上社」は本宮(ほんみや)と前宮(まえみや)に、「下社」も春宮(はるみや)と秋宮(あきみや)に分かれていますから、諏訪大社を参拝する人と諏訪大社を紹介する人を悩ませることになります。
 あまり強調したくありませんが、と書きながらやっぱり知って欲しいのが、一筋縄で紹介できない諏訪大社を「何とか」と工夫したこのサイトの複雑なメニュー構成です。また、労作「図解・諏訪大社」も泡となりますから、「二社四宮」を十回ほど唱えて頭に叩き込んでください。