諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

天流水舎と宝殿の天滴

天流水舎

天流水舎と宝殿の天滴 本宮一之御柱から二之御柱へ向かう途中に、「天流水舎」があります。諏訪大社社務所刊『諏訪大社復興記』では、「文政11年(1828)建造・昭和34年改修」とある社殿です。
 この建造物は諏訪上社七不思議の一つである「宝殿の天滴」で知られていますが、出典によって字句や表現が異なっています。ここでは、天流水舎の前に掲げられている案内板「天竜水舎」をそのまま紹介しました。

 俗にお天水と稱(称)される。どんな晴天の日でも雫が三滴は屋根上の穴から降り落ちると云われ、諏訪七不思議の一つに数えられている。旱天の折りにはこのお水を青竹に頂いて持ち帰り雨乞いの祭りをすると必ず雨が降ると云い伝えられる。

 七不思議の揚げ足を取るつもりはありませんが、「屋根に穴などあるはずがない。第一雨漏りするではないか」と思いつつ屋根裏をのぞくと、…変なパイプが見えます。しかし、目を精一杯見開いても、暗くて詳細が分かりません。取りあえずズームアップしてフラッシュ撮影をしました。
 次に、「社殿の中はどうなっているのだろう」と石段に上がりますが、格子があるので覗き込むことができません。

宝殿の天滴「集水筒」 自宅で確認すると、「変なパイプ」は、丸太を二つ割りにして作られていることがわかります。意外と骨太の仕掛けに、パイプの上部に水道菅がつながっており「その時」が来たら密かに蛇口をひねるのだろうか、と考えてみました。しかし、一滴ずつ垂らすのは至難の業と、すぐ安易な発想を打ち消しました。


天流水舎と宝殿の天滴 後日、布橋から天流水舎を見下ろすと、前述のパイプ端が屋根から突き出ているのに気が付きました。背伸びをしてもよく見えませんから、穴が空いているようにも、蓋の凹みであるようにも見えます。今でも貫通していて、夜露などを集めようと(努力)する機能があるのでしょうか。雨天時に行けば確認できそうですが、まだ果たしていません。

浅草海苔の守護神

 天流水舎を囲む新しい玉垣には、水産関係の漁・貝・海苔に関するあらゆる団体の名が刻んであります。長らく天流水舎との関係が不明でしたが、その後「浅草海苔の守護神」と分かりました。「東京湾の水がわるくなったとき、諏訪明神の御天水を海に注いだところたちまち海苔が蘇生し豊作になった」という話です。この例では「水質の回復」なので、単に豊漁を願って玉垣を寄進したのではないことがわかりました。

 ここまでに「てんりゅう」を何回か漢字変換する中で、「天竜川の語源はここから来たのでは」ということに気が付きました。語源というより川の源(みなもと)と言うべきかもしれません。現実(地図)を見るまでもなく否定されますが、ここが諏訪湖の源とすれば、うまく当てはまります。

古絵図に見る天流水舎

天流水舎・宝殿の天滴 諏訪市博物館蔵の「諏訪社遊楽図屏風(江戸時代前期)」に描かれている天流水舎です。録画してあったテレビ映像をキャプチャーしたものですが、意外と画質がよかったので紹介します。
 左上に「てん里う」と書いてある屋根には穴らしきものがあり、井戸と思われる板囲いをのぞき込んでる男性がいます。オーバーフローした水が、川となって流れ出ているのがわかります。

天流水舎 茅野市神長官守矢史料館蔵『復原模写版上社古図』の一部です。屋根の「穴」と井戸から流れ出る「川」が共通しています。
 現在は、天流水舎に付属した“集水枡”を確認することはできません。川もありませんが、暗渠になっていて「清祓池」に通じている可能性はあります。
 直接には関係ありませんが、天流水舎の右に「御座石」があります。現在の「筒粥殿跡」の場所に当たりますが、ここに「諏訪七石の御座石」があったのでしょうか。

天流水舎「天龍川水源」 文化2年に刊行された秋里籬島著『木曽名所図会』から「上諏方神社」の一部です。県立長野図書館の蔵書ですが、『信州デジくら』から転載しました。
 左に天龍川水源と説明がありますが、社殿は現在と同じ造りで描いてあります。これも関係ありませんが、「大祝のみが歩行を許された」とある布橋に、参詣人が歩いているのがわかります。


天流水舎「天水」 江戸時代末期の『信濃国一宮諏方上社繪圖』の一部です。『信州デジくら』から、長野県立歴史館本を転載しました。
 ここでは天水と書いています。また、「沓石」から流れる川が木樋で玉垣外へ放流され、「天リウ源」と附記しています。

宝殿の天滴

 小岩高右衛門著『諏方かのこ』〔一、七不思議〕に、「寶殿點滴」があります。著者は「これが実(じつ)」と言い切っています。

二六時中、萱葺の檐より霤(したたり)ありてやむ事なし、

 照る日にも軒の雫や久かたの

天眞那井のかようなるなん

右の七(一)首は矢嶋正庸が奉納せし歌也、七不思議は俗説さまざま有りといえども右(※上)に記す所を實とす

諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書 第四巻』

 『諏方大明神画詞』では具体的な名称を挙げていませんが、「当社奇特の随一」と書いているので、「宝殿の天滴」についての記述であることは間違いありません。

寅申の干支に当社造営あり、…先年寅年造替の新社は七廻の星霜をふ(経)れば、天水是を洗い、降露かわく事なし当社奇特の随一也、…
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書 第一巻』

天滴は、水舎?宝殿?

 ここまでに、「天滴の源」について水舎と宝殿の二つを挙げてきました。どちらとも決めかねますので、下諏訪町『下諏訪町誌』から〔宝殿の天滴〕を紹介します。この解説が、折衷案というか、総合的に見て一番わかりやすいようです。

 上社の御宝殿の上は、一年中いかなる晴天の日でも必ず水滴が落ち、これが萱葺きの屋根の軒から点々として落ち天滴の井或いは天流水舎に溜まるといわれ、単に「お天水」とも稱(称)され、干天の折には上社に雨乞いの祈願をかけ、このお天水を竹筒に入れて各自持ち帰り、更に祈願を込めるとたちどころに叶うものとされ、郡内を始め甲州方面から多数の祈願者が集まるのである。又このお天水は天流川(天竜川)の水源とも伝えられている。

これが「宝殿の天滴」(!?)

宝殿の天滴
“宝殿の天滴”

 ある本では「昼夜軒端(のきば)から三滴は雨水が落ちる」と書いています。「それなら、ある程度は理解できる」と、撮り溜めた写真の一つを引っ張り出しました。
 5月14日の宝殿の写真です。完全な晴天ですが、屋根の茅にたっぷり含んだ前日の雨水が点滴のように落ちていました。ただし、シャッタースピードの関係で、水滴は軌跡で写っています。