諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

上社本宮の五鳥居 23.10.23

 参照文献は、すべて諏方教育会編『復刻諏訪史料叢書』です。「諏訪大社」は、時代によって「諏訪神社」と表記しています。

 鳥居が複数ある場合は、参道の入口から「一・二(・三)」と続くのが一般的ですが、例外もあって「(三・)二・一」と並ぶ場合もあります。ところが、諏訪大社上社本宮は「一之鳥居・幣拝殿(宝殿)・二之鳥居」ですから、いずれの“約束事”も当てはまりません。その各鳥居を、冬姿として並べてみました。

本宮一之鳥居本宮一之鳥居
 別名は「波除け鳥居」で、五鳥居の中では唯一の木造両部鳥居です。
 この鳥居は境内拡幅によって現在位置に移動していますから、明治以前の境内を語る際には注意が必要です。


本宮二之鳥居本宮二之鳥居
 別名は「南鳥居」。数字上では二番目ですが、格式は最上位なので、参拝はこの鳥居から入るのが正式となります。


三之鳥居本宮三之鳥居
 新しく見えますが、実際に新しく平成15年の建造です。建て替えの理由は、車による破損です。


四之鳥居本宮四之鳥居
 この鳥居をくぐれば二之鳥居前に出ます。進入禁止に気が付かない車がいるので、注意が必要です。


五之鳥居本宮五之鳥居
 菅江真澄もくぐったであろう鳥居ですが、旧道となった今は、意志を持って来ないと目にすることはありません。


 上記の鳥居には通常の参拝では目に触れないものがあるので、Googleマイマップにその場所を表示させてみました。
 北参道(諏訪市博物館側)にあるのは平成の鳥居なので、ここでは取り上げません。


諏訪大社上社本宮「五鳥居の謎」

流鏑馬が行われた

 「中世の境内」がわかる『諏方大明神画詞』から、関係する部分のみを4項目抜き出して並べました。

正月一日、…西山きわには末社堂塔いらかを並へて見に渡る、一・二鳥居には騎馬行列次第連続、…

(3月)辰日、…大祝神官外、氏人水干本人数して、大宮(※本宮)の前へて北の鳥居(※一之鳥居)外、一妙(ひょう)鼻より野火を放、…

(4月)十五日、…流鏑馬十番郡内例郷の役、…已(以)上一・二の鳥居の中間を馬場とす、…

(8月)十五日、…一・二の鳥居の間に於いて流鏑馬、…

 これを読むと、一之鳥居と二之鳥居の間で流鏑馬が行われたことがわかります。しかし、両鳥居の間に初詣のような人混みを思い浮かべることができても、その間を人馬が疾走したとはとても思えません。今は、かなりの傾斜地となっているからです。

文献に見る鳥居の名称

 次に、式年造営関係の文書を拾い出しました。何れも鳥居に関する部分の抜き書きです。

嘉禎四年(1238)『大宮御造営之目録』
次、御鳥居之事
 一之鳥居一根北方
 二之鳥居一之南方
 三之鳥居一之東方
 四之鳥居一之西方
 五之鳥居一之中門

 二之鳥居から五之鳥居までの「一之」は、基準になる「一之鳥居(からの方角)」と解釈しました。ところが、一之鳥居の「一根」が理解できません。「一根は物事の根本」とすれば「宝殿」とも思えますが、誤字か誤植の可能性もあります。これを地図の鳥居に当てはめると、「諏訪明神は北向きに立つ」から、「南・北」は許せる範囲としても「東・西方」がまったく合いません。
 『上諏方造営帳』では、方位の名で書いてあります。

天正五年(1577)『上諏方造営帳』
 上諏方北方大鳥居
 上諏方南方大鳥居
 前宮大鳥居
 上諏方東方大鳥居
 上諏方西方大鳥居
 上諏方中門之大鳥居
以上御鳥居六組

 ここでも、西には鳥居がないのにも関わらず、三之鳥居を「西方大鳥居」としています。

古絵図に見る鳥居

 寛政四年(1792)に幕府に提出した『上宮 諏方大明神本社繪圖(控)』は詳細な境内図で、「一之鳥居より五之鳥居まで二丁」などと書き込んでいます。ただし、公式調書という性格上、「微妙となる方位」をあえて書かなかったことが窺われます。

 また、鳥居は5基とも「高四間・三間二尺」と同一規格なので、この時代では鳥居の大きさに序列がなかったことがわかります。高さは1.8×4で約7.2mですから、諏訪市博物館前の四之鳥居の7.5mとほぼ同じです。この鳥居は文化二年(1805)に石造りとして建てられましたから、この当時は、すでに式年造営は廃れていたと考えられます。

 享保18年(1733)の作成の『諏訪藩主手元絵図』から〔神宮寺村〕の一部です。縮小したので判別しにくくなっていますが、「一之御柱と四之御柱を結ぶ線」が社域の“北辺”であることがわかります。

諏訪大社本宮の鳥居「諏訪藩主手元絵図」
諏訪史談会編『復刻諏訪藩主手元絵図』

 鳥居については、大きさと向きから、数字上の序列ではトップの一之鳥居がオマケのように描いてあるのが不思議です。当時の参拝は二之鳥居から入っていますから、今も昔も一之鳥居の存在は薄かったことになります。

数字の序列と方位には確たる意味はない

 ここまでに、通常の神社とは異なる鳥居の配置を書いてきました。それらを合理的に説明できるものを考えると、以下のようになりました。

 諏訪大社の本宮は西側が深山という立地でなので、背後の憂いはない。そのため、実質は本殿という宝殿の向きから、里に向けて「型」とも言える“鶴翼の鳥居”を設置した。これに、左脇から反時計回りに「(便宜上の)一・二・三…」を振り分けた(だけ)
 方位の「南北」は後付け(こじつけ)なので、実際の方位との差は重要ではない。

 つまり、地形上の制約からこうなったということです。真に大ざっぱですが、これしか説明がつきません。