諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

『守矢信眞願文』 '20.9.17

旧諏訪神社上社本宮の「幣拝殿」

乙事諏訪神社

 富士見町乙事 (おっこと)に鎮座する諏訪神社の社殿は、元和3年(1617)に建造された現諏訪大社上社本宮の幣拝殿を移築したものです。場所は異なりますが、その当時の本宮は、まさにこれと同じ景観だったことになります。

乙事諏訪神社「幣拝殿」 正面から見ると浜床の上に凝った彫刻を施した幣殿があります。拝殿を含め、各所に飾り金具が使われているのがわかります。
 以降に出る『上社古図』の参考になればと載せてみました。

『守矢信眞願文』

 ここからが本題です。伊藤麟太朗さんは、この『願文』について「天正10年(1582)8月当時の神長官守矢信眞が、(中略)家康様の天下統一が実現すれば、その報賽(ほうさい)として信長により焼亡した社殿の再興を祈願したもの ※『新年内神事次第旧記釈義』」と解説しています。また、以下に出る文について、「神長も、まんざら空想で社殿の再建を願ったものではあるまい。必ずや焼亡以前の社殿の状態を頭に入れて、再建を願ったものであろう」と書いています。
 その『願文』から、再建を決意表明した部分を転載しました。

無程御神前再興□□然者、御殿者大社作に立之、金銅をちりはめ、奈良之仏師を招下極さい色にらんかん・きほうし、□□祗候の會廊・女衆殿・はさいた御かうし・左右の宝所・護摩堂・奉経所・十六善神・内外平土門・千度大會廊・神事屋・舞台・経蔵・諸廊・車橋・鳥居外垣玉垣、可色取、本地之仏像、其外諸仏を作り、(後略)
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書第三巻』

 よく読むと、文脈に合っていない文言が幾つかあります。その代表は「京都奈良の仏師を招下」です。宮地直一さんは「京都奈良の工匠は仕上げの装飾だけではなく、建築工事にも従って日頃の腕を振ったのではあるまいか ※『諏訪史第二巻後編』〔社殿考〕」と、“そのまま”を解説しています。しかし、前後に繋がらない語句には「そうかなー」と首を傾げてしまいます。
 次の「はさいた御かうし」ですが、これを「挟板御格子」とすれば、社殿名の羅列の中に「構造物」が入っているのは不自然となります。

「はさいた」は「はまいた」

 同書をネットで探すと、長野県立図書館『信濃史料』にありました。

無程御神前再興、然者、御殿者大社作ニ立之、金銅をちりはめ、京・奈良之仏師を招下極さい色ニらんかん・きほうし・祗候之會廊・女衆殿・はまいた・御かうし・左右の宝所・護摩堂・奉経所・十六善神・内外平(塀カ)・大門・千度大會廊・神事屋・舞臺・経蔵・諸廊・車橋・鳥居・外垣・玉垣、可色取、本地之仏像、其外諸仏を作、(後略)
『信濃史料 巻十五_5』

 こちらでは「はさいた」が「はまいた(浜板)」とあり、難なく解決してしまいました。それでも「極さい色ニらんかん」と「可色取」が残ります。

 こうなると、原書で確認できないこともあって、私の性分から校正の手を入れたくなります。

校正『守矢信眞願文』

 「京・奈良之仏師を招下」を移動しただけで、意味が通るようになりました。それを読みやすいように“最適化”したのが、これです。

程なく御神前再興、然(しか)らば、御殿は大社造りにこれを建て金銅を散りばめ極彩色に、浜板(浜床?)・御格子・欄干擬宝珠。(解読できず)祗候(しこう)の廻廊・女衆殿・左右の宝殿・経所・護摩堂・奉経所・十六善神・内外塀・大門・千度大内廻廊・神事屋・舞台・経蔵・諸廊・車橋・鳥居・内外垣玉垣。本地の仏像を彩(いろど)るべく京都奈良の仏師を招下、其外諸仏を作り、(後略)

 これほどの遠距離移動が許されるのかという疑問が生じますが、あくまで私のこだわりということで…。因みに、御殿(幣拝殿)の造りが「金銅を散りばめ極彩色、浜板・御格子・欄干・擬宝珠」ということになります。

『守矢信眞願文』は、『上社古図』の世界

 「千度大内」が「廻廊」として書かれているなど、この『願文』に挙がる社殿群が『上社古図』に酷似しているのがわかります。そこで、『願文』─『上社古図』として、対応する社殿を並べてみました

 その中で、「□□祗候の廻廊」が、「廻廊」では『古図』の最下部にある(実在が疑問視されている)「布橋二間百二十間」しか当てはまりません。悩んだ末に現在の脇片拝殿に相当する「社殿」を拡大すると、「廻廊」が読めました。よって、絵では「社殿」ですが、「祗候の廻廊」を当てました。

御殿─幣殿・拝殿(金銅を散りばめ極彩色、浜板・御格子・欄干・擬宝珠)
□□祗候の廻廊─廻廊
女衆殿─神楽屋(高神子屋)
左右の宝殿─(北)宝殿・(南)宝殿
経所─如法堂(経堂の別称)
護摩堂(同名)
奉経所─奉納堂(?)
十六善神(同名)
大門─二(之)鳥居
千度大内廻廊─千度大内四十二間(布橋)
神事屋(同名)
舞台─(同名)(神楽殿)
経蔵─輪蔵
諸廊─(その他の廊)
車橋─石車橋(布橋入口の橋)

 これを、『上社古図』に併記してみました。

『復元模写版上社古図』
神長官守矢史料館蔵『復元模写版上社古図』(部分)

幣拝殿には左右の片拝殿が無い

『復元模写版上社古図』 「廻廊」と書かれた社殿は、見た目は「四間廊」ですが、前記の通り板敷き通路ということになります。
 その是非は置いて『古図』の通りに解釈すると、幣殿・拝殿には左右の片拝殿がありませんから、幣拝殿のみの社殿だったことになります。
 また、幣殿が『願文』の通り「極彩色」に塗られていますから、この形態が、焼失・再建を含めた天正の社殿配置だった可能性は十分あります。

『守矢信眞願文』でわかったこと

 天正の再建が完了した時点の様子を記録したのが、(今は存在しない)『上社新図』と考えてみました。この流れでは、幣拝殿は、焼き払われる以前も上壇にあったことになります。

「上下両寺を宮外に出し…」

 『願文』には続きがあります。

次、有之上下両寺を宮外に出し…、(後略)

 「上・下両寺」は、如法院と蓮池院です。その如法院を、寛正6年(1465)とある『神長守矢満實書留』では、「上坊」と書いています。

 此年十一月廿日夜、大祝頼長大宮上坊に参籠候(そうらい)て行水仕(つかわし)め湯帷(かたびら)着ながら死去候…
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書第一巻』

 大宮=本宮ですから、確かに本宮内にあることがわかります。因みに、『上社古図』には奉納堂の隣に「水風呂」がありますが、行水をここで行ったのかはわかりません。

 如法院については、『下社神宮寺寛保の起立書』にも以下の文がありました。

往古の境地は社内にして薬師堂の下、如法堂の上にありしが、天正年中…灰燼となれり。…其の中に普賢堂計(ばかり)は残れりと云えり。爾後(じご)殿宇を社外に曳移し再び営造すと…
今井邦治著『諏訪上下社神宮寺資料写真集』

 これを読んで、「如法堂と如法院は別物だった」と、長年の謎が氷解しました。それは後述として、如法院は、以降の絵図には法華寺の下・南鳥居の前にあるので移転したのは間違いありません。
 一方の蓮池院ですが、相変わらず『上社古図』に存在しています。享保13年(1733)の『諏訪藩主手元絵図』でも健在ですから、(蓮池あっての蓮池院ということもあり)境外に移転させることはできなかったのでしょう。

経所は如法堂(もしくは経堂)

 同じ社殿を、『上社古図』は如法堂・寛政4年(1792)『上宮諏方大明神繪圖』は経堂・『諏訪藩主手元絵図』では如法堂と書いています。何れかを誤記とするしかないと思っていたのですが、如法堂と如法院は別物とわかったので、「如法堂は経堂の別称」とすることができす。

 「乾水坊素雪が文政二年撰述」とある『信濃国昔姿』に、「10月16日・納経」が見られます。

一 経堂
出拝(早)の社より左の方の道を登る。凡そ十間斗りにして右の方に有る堂なり。此所にして春より十月迄法華を書写し、十月十日より経衆大勢にて法式有ること七日。十六日辰の一天奉納経有る也。此節十五日夜八つ(※2時)頃より御領主様御名代御出有り。寺社一統相詰めるなり。此朝貴賤群集し参詣多し。秘密山如法院預り所

諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書第四巻』

 経堂は、今で言う神居の後方にあります。『諏方大明神画詞』では、

社頭の躰三所の霊壇を構えたり、其の上壇は尊神の御在所、鳥居格子のみあり、其の前に香花の供養を備う、(中略)中の壇には宝蔵経所斗りなり
諏訪教育会『復刻諏訪史料叢書第一巻』

とあるので、『画詞』で言う「経所」はこの経堂とすることができます。則ち、その経所は『画詞』の時代から同所にあり、「尊神の御在所」は神陵なので「花の供養を備う」と書いたことになります。

 『願文』に『上社古図』を絡めたので主題が散漫になりました。それはそれとして、各所に私が考えている“こと”を散りばめましたから、これ以降に繋がるものとして一つでも覚えていただくと幸いです。