from八ヶ岳原人Home / 雑記書留メニュー

実付きキンカンの奇跡

 古い写真が必要となったので、保存していたCDのデーターリストを開きました。目を通している中で、昔懐かしい「キンカンの奇跡」を見つけました。日記風にアレンジしてホームページに載せていたものですが、平成13年当時のネット事情では“反響”もなく、そのままお蔵入りしたものです。
 「世の中に、こんなことがあるのか」という内容なので、「サイトリニューアル記念」として再び取り上げてみました。

キンカンを挿し木する

 平成12年の小正月にキンカンを頂きました。鈴なりに実が付いた大枝なので、小枝に切り分けて会社の同僚などに配りました。花瓶に挿した残りの一枝からは、時が経つにつれて実が一つ落ち、二つ落ち…、と寂しくなりました。ところが、何故か一つだけ元気です。春になってから冗談のつもりで挿し木をしてみました。

キンカン

6月23日

 屋外に置いていますが、風圧にも耐えているようなので根が出たのでしょうか。
キンカン1

7月23日

 食べてから埋めたビワの実から芽が出ました。周りの葉はワスレナグサです。あれあれ、と思っている内に半年も経ってしまいました。
キンカン2

8月12日

 夏の暑さにも耐えました。お盆を過ぎれば朝晩はしのぎやすくなります。しかし、成長の跡は全くありません。軽く持ち上げてみれば、根が張っているのかわかりますが、怖くてできません。
キンカン3

12月2日

 結局新芽は出ず、植えた当初の姿のまま師走に入りました。挿し木ではなく「土に活けた」という状態ですが、どうなっているのでしょう。
キンカン4

1月3日

 平成13年の新しい年を迎えました。室内の窓際に置いていますが、暖房による乾燥なのかややしぼみ加減です。
キンカン5

3月18日

 西日の当たる窓辺でワスレナグサの花が咲きました。実はシワが寄りもう限界のようです。
未確認脳物体

4月8日

 何時もあるものと思っていたキンカンが見あたりません。鉢の中心に黄色の顔をのぞかせていたのが消えています。根元をかき分けると下に落ちていました。拾い上げ実重を量ってみました、といっても料理用の秤で、約3グラムでした。全長は21ミリ巾は16ミリありました。
 我が家へ来てから14ヶ月。驚異的な夏の暑さを乗り切り、今日まで楽しませてくれました。
切断面 記録写真を残すことにしました。縦に切断すると、当然ながら正にキンカン。皮にツヤがあるのは見せかけだけではなく中身も柔らか。果皮に近い部分にはジャム状の潤いのある果肉があり、柑橘系の香りも漂ってきます。
 接写した画像を見ると、何と黄色の瑪瑙(メノウ)。再び切断面を合わせ、ラップでくるんで冷蔵庫へ収納しました。「縁起物として夕食へ」のつもりでしたが、すっかり忘れてしまい、その後は「行方不明」となってしまいました。

 早い話が「生花ならぬ生実」と言うことですが、「なぜこうなった」のかは未だもってわかりません。