諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

三之蔵「大六天社」のお腰掛 山梨県韮崎市穂坂町

お腰掛 現在でも全国各地に大神神社とか諏訪大社などのように本殿をもたない神社があるが、市内においても「山神社・神明神社・大六天社」などは「お腰掛」と称して木の枠組だけであり、その他にも大石だけで本殿のない神社があるが、これらはみな古い祭祀跡の名残かそれにまつわる信仰からであろう。
韮崎市誌編集委員会『韮崎市誌下巻』から抜粋

三之蔵 大六天社参拝 21.5.13

三之蔵「大六天社」 地図にある「大六天社」への入口には、「天白サイホン」の標識がありました。
 尾根上に出ると、本来はあり得ない空の用水路が道に沿って続いています。どこでその原理を使って揚水しているのかわからないまま、三之蔵大六天社の鳥居が現れました。

三之蔵「大六天社」
惶根命space面足命

 空の拝殿を通した向こうに石段が見えます。拝殿内を素通りし、途中から石が無くなった斜面を登り切ると、馴染みのない(読めない)「面足命(おもだるのみこと)・惶根命(かしこねのみこと)」と刻まれた燈籠が迎えてくれました。その間を抜けると、立地が尾根の先端とわかる場所に、柱のない「お腰掛」がありました。

大六天社のお腰掛

三之蔵大六天社の「お腰掛」 Blogの話通り、礎石だけが方形に残っています。真ん中には「石棒」はなく、その代わりのような一本の幼木が生えていました。
 ただ不思議なのが、お腰掛の前にある石の祠です。剣の奉納は「上今井山神社」と同じで「お腰掛」と理解できますが、その石祠の存在には違和感を覚えてしまいます。「大六天社と山神社は別物」としたほうが自然ですから、明治期に両社を一まとめにしてしまった可能性を考えてしまいました。

三之蔵大六天社の「お腰掛」 四箇所にある礎石ですが、これも予備知識通りに「柱の大きさ形に合わせて丁寧に加工してある」のが、角度によってわずかに現れる陰となって見えます。この石には、柱の跡が緑色に残っていました。
 見る人が見れば、まだ「お腰掛」です。しかし、「只の石が四つ」に変わる時代も…。

拝殿

大六天社「拝殿」 燈籠の存在から「拝殿は大六天社のもの」と見ることができます。その拝殿に戻っても見るべきものはありませんから、屋根裏を見上げると…。
 このような構造物が残っているのは、もはや神社しかありません。お腰掛はすでに廃絶し、人の手の温もりが感じられる拝殿も、痩せた鳥居と同様に先は見えています。
 しかし、「さー、これから」という五月の陽光を浴びると、一時の感傷は、すぐに若色の緑に打ち消されました。

大六天社について

 昭和54年発刊『韮崎市誌』には、「土地の人は〔お天狗さん〕と呼んでおり、祭神は面足尊と惶根尊二柱である。仏家でいう第六天が習合されて祭られるようになった民間で信仰された神であろう思われる」「崇敬者 四七戸」と書いています。

 その大六天社ですが、同書の「朝穂堰(ちょうほぜき)」開削の記事から、享保三(1718)年に、その成功を祈って三之蔵が勧請したことが明らかになりました。

…特に風越穴掘抜きは難工事で「工事中絶のときは総代十五名を磔刑に処す」などの問題もあったが、三村は一層団結を固め、三之蔵で大六天社、宮久保は鳥居原へ虚空蔵菩薩、三ツ沢では楯無原へ神明社、三村連合で風越穴出口へ虚空蔵菩薩をそれぞれ勧請し、神仏の加護を求めるとともに村民総出で作業に当たり…
韮崎市誌編纂専門委員会『韮崎市誌』〔水利〕から「朝穂堰」

 これで、まず山ノ神があって、その社地に第六天が祀られたと考えた方が自然となりました。