諏訪大社と諏訪神社トップ / 各地の神社メニュー /

元木の石鳥居 山形県山形市 鳥居ヶ丘

元木の石鳥居 '22.10.24

 ナビが示した道の狭さに不安を感じれば、パスするしかありません。程なくしてマックスバリュが現れたので、ここは寸借駐車と決め込みました。徒歩で戻ることになりましたが、目的地が川の側にあることを知りました。

 「最上三鳥居」の一つである「元木の鳥居」は、写真では見ていました。しかし、それを目の前にすれば、特異な形状であることは承知していても、ゴツゴツした質感が醸し出す存在感に、思わず「おー」と感嘆符が出ました。

元木の石鳥居

 写真を撮る中で、右の柱がやや内側に転んでいることに気が付きました。車の通行による長年の振動や圧力で基礎が押されたと考えてみましたが…。

元木の石鳥居 山形県と山形市の教育委員会が設置した案内板「国指定重要文化財 鳥居」の本文です。
 地元の呼称「御立の石鳥居」がありながら単に「石鳥居」と命名したのが疑問ですが、それなりの理由(基準)があるのでしょう。
 それはともかく、「幅に対して高さの低い姿」は外には見られないもので、「死ぬまでに一度」とは大げさですが、ここに来た価値は十分にありました。ただ、凝灰岩とあって風化や凍結による剥落が顕著なので、維持・保存の重要性を思いました。以下は後日談ですが、ネットの写真に銀色のシートで覆われたものがあり、「冬期間カバーが掛けられる」と説明がありました。

元木の石鳥居

 石鳥居の裏というか後方に、この鳥居の存在を無視して、向きを90度変えた稲荷神社があります。このような立地はあり得ませんから、この地では鳥居の造立についての記憶が完全に失われていたことになります。それだけ古いということになりますが、何とも不思議な光景でした。

瀧山(りゅうざん)

 案内板では「竜山」ですが、「瀧山」が広く使われています。

 鳥居が目当てだったので、案内板にある「竜山」がどの山なのか指を差せずに帰りました。自宅で地図を眺めると「あれれ!?」と言うほど離れた場所に「瀧山」があるので、案内板の「竜山を背景に西に面して立つ」に疑問を持つことになりました。

元木の石鳥居と瀧山
『地理院地図 Vector』〔標準+地形〕地図を加工

 正確を期すために、「元木の石鳥居」に鳥居の向き━━を重ねてみました。これでは瀧山を遙拝する建て方とは言えませんが、直近を流れる龍山川(※地理院地図の表記)に並行する道を参道とすれば、単にそれに合わせただけと説明できます。しかし、鳥居を神仏習合の産物としても、元々「瀧山の仏教文化」に知識がありませんから、これ以上の深追いは止めにしました。

「元木」の石鳥居

 この鳥居は字「鳥居ヶ丘」にありますが、「元木の…」が多く使われています。それに気が付いて地理院地図を眺めると、川向こうの南西に元木(一・二・三)がありました。「◯◯ヶ丘」は新興の住宅地によく使われますから、かつてはそれを含めたこの一帯が元木だった可能性があります。

元木
参謀本部『山形』(一部)

 「明治36年測図昭和6年修正測図」とある五万分一地形図を開くと、石鳥居の左肩に「元木」があります。
 また、「迎田」より「元木」の字が大きいので、石鳥居の周辺はすべて字(おおあざ)「元木」だったことになります。これで、「元木」が冠詞になっていることに納得しました。
 それに関連して、上部の「一貫清水橋」から、「石鳥居」が固有名詞であることがわかります。そのために、文化財の名称として「石鳥居」(のみ)を採用したと考えることができました。

元木の石鳥居
『地理院地図 Vector』〔写真〕を加工  

 さらに、五万分一地形図では国道が元木の鳥居に吸い寄せられるように曲がっているのを見て、ピンと来ました。現地では、小路が入り組んでいたからです。
 地図(ここでは航空写真)で確認すると、旧道の名残が川を挟んで残っていました。国道が直線化される前は多くの人が目にしたことがわかりますが、現在は、地元でもその存在を知る人は少ないと思われます。