諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

上町 諏訪神社 山梨県甲府市上町

■ この諏訪神社は、『小瀬スポーツ公園を護る諏訪神社』の一社です。

 甲斐叢書刊行会編『甲斐国志』に、「神領・社地・神主名」のみが載っています。ここでは必要ないので省いたら「6文字」になってしまいました。

〔諏訪明神〕上村

 この旧「上村」が、現在の字「上町」になったことがわかります。

上町諏訪神社参拝 '09.9.24

 日射しの強さに、地図を頭の上に掲げながら天津司神社から次の諏訪神社へ向かいました。

上町諏訪神社

 右は「老人憩いの家」で、左はゴミ収集ステーションでした。初めは、ゴミ袋を避けて斜めの位置に立ちました。しかし、前景に“世相”が入るのも面白いのではないか、と「ゴミ袋−鳥居−拝殿ライン」を選びました。

上町諏訪神社鳥居 アングルを決める中で、鳥居の笠木が異常に短く細いことに気が付きました。貫は新しいので比較の対象外としても、笠木はどう見ても代替品です。近寄って見上げると、台輪と笠木の接合部に「代替品なら必ずあるはずの隙間」がありません。見た目には、石の風化やコケの乗り具合からも、造られた当時そのままの完全セット品ですから不思議です。

「額束」上町諏訪神社 笠木と台輪の“相対性”は完璧ですが、笠木と額束には隙間が見られます(左写真)
 柱については直近で観察できますから、風化による凹凸から見てかなり古いことがわかります。
 氏子ではないので「そんなことはどうでもいい」のですが、つい目を留めてしまいました。

上町諏訪神社本殿 境内の端に沿って桜が植えられていますが、神社に付きものの社叢がないのでグラウンドのように広く開放感があります。右側に並んでいるアパートの住民には格好の運動公園になっているでしょうか。
 本殿は「一間社流造」ですが、ブロック塀とフェンス、さらに木々が邪魔をしてよく観察できません。鬼板に「梶紋」が確認できますが、「諏訪梶」なのか「明神梶」なのかまではわかりません。

塩 この諏訪神社も、拝殿は“シャッター造”でした。その前の床に、かつては中身があったカップ酒と塩が置かれていました。溶けた塩が模様を作っていますから、定期的に訪れる“塩害”を防ぐために「塩はここに置け」という表示にペンキを塗ったのでしょう。「そんなこと」と笑われそうですが、この「一ブロックからはみ出た規則性がない」塗り方に、鳥居に続いて、また頭をひねってしまいました。