諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

北又の諏訪社と御射山社 下伊那郡下條村北又 25.7.13

 下條村の北又に御射山社があります。この神社に対応する諏訪神社の存在が気になっていました。

北又御射山社の境内社

 下條村誌編集委員会『下條村誌』に、「御射山社の社域は広く、傍には旧社殿だったという建物がある」という記述があります。

『陽皐村(図)』
御射山社の旧社殿(?)space穂屋

 その社域に立ってみれば、穂屋の左にある社殿が相当します。しかし、旧社殿としても、木肌の状態からは御射山社より新しいもののように見えます。

諏訪社と御射山社の神紋
御射山社旧社殿「諏訪梶」space御射山社本殿「明神梶」

 神紋を確認すると、「旧社殿−4本根・御射山社−5本根」の違いがあります。しかし、旧社殿のものは風化で微妙になっていますから、『下條村誌』が言う「御射山社の旧社殿」を受け入れるしかありません。

北亦(北又)諏方社を見つける

『陽皐村(図)』 『信州デジくら』で公開している明治初期の絵図『陽皐村』を開いてみると、「北又」に「諏方社」がありました。長らく「御射山社があるので、近くに諏訪神社もあるはず」と引っ掛かっていましたから、「これが諏訪神社」と確信しました。
 ところが、ネットで閲覧できるすべての地図に目を通しましたが、御射山社の右方(地図では北側)には神社がありません。
 ここで現在の地図と交互に見比べると、「御射山社が街道(国道)から離れすぎている・両社の間に描かれている川がない」など、大きな違いがあることに気が付きました。

 「それでも、まんざら嘘ではないだろう」と、大ざっぱな目で眺めると、村境と両社の間に描かれた尾根から、「諏方社は、現在の飯田カントリークラブの敷地内にあった」とする考えに落ち着きました。

 一方で、「北又の諏訪神社」は『下條村誌』には記述が無く、『陽皐村図』のみの存在であることが不思議です。これは、(よくある)社殿を御射山社に移したものの、旧鎮座地では相変わらず名のみの存在として残っていたと考えるしかありません。

北又の御射山社
北又御射山社本殿「三柱相殿」

 そうなると、「諏訪神社はどこに祀られているのか」ということになります。
 初めは冒頭の小社殿と考えていましたが、御射山社の本殿に扉が三組あるのを見て、その一室が諏訪社であることに思い至りました。
 拝殿には「(左)白山社・(右)御射山神社」の額が懸かっていますから、残りが「諏訪社」であるとしても問題はありません。

 本来は、諏訪社の摂社が御射山社という“位置付け”です。下條村では、何らかの事情で御射山社が主神として存続したため、諏訪神社の色がなくなってしまったと考えてみました。