諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

西油川 諏訪神社 山梨県甲府市 西油川町

■ この諏訪神社は、『小瀬スポーツ公園を護る諏訪神社』の一社です。

西油川諏訪神社参拝 '09.9.24

 再び小瀬スポーツ公園の前を通って、東の果てに向かいます。突き当たりを右折すると、旧西油川村の「諏訪神社」でした。地図では背後に笛吹側の支流「濁川」と「平等川」が並行していますが、堤防しか見えないので果たして川があるのだろうかと疑ってしまいます。

西油川諏訪神社 境内入口の左は消防団の屯所です。その裏に砂山を見て、砂袋→洪水を連想しました。
 余りにもサッパリした境内と庭園風に植えられた立木から、この地での神社の歴史は新しいもののように思えました。洪水で何回も社地が流された可能性がありそうです。

西油川諏訪神社本殿 区画されたブロック内に玉砂利が敷かれ、舗装された参道が延びています。コンクリートの基壇上でチェーンの玉垣で囲われているのは、賽銭箱がなければ収蔵庫とでも見間違ってしまう本殿でした。
 天津司神社の例もありますから、実際に「何か」を収納してあるのかもしれません。『甲斐国志』には「西油川村の諏訪神社」は載っていませんが、赤屋根の本殿大棟と鬼板には「立ち梶の葉」の神紋がありました。

七天神 境内の左に、榊の生け垣に囲まれて石祠が7棟並んでいます。祠の中に色紙で作られた幣帛が納めてあるのを珍しいものとして見ましたが、後の調べで、この辺りから集められた「七天神」と知りました。山梨は「天神信仰」が多いそうですが、ここは諏訪神社なのでそれは省きます。

釜池・鏡の井

 『甲斐国志』〔天津司〕では「(天津司の)一体は西油川村の釜池に没す」とあり、〔西油川村〕では「古は人戸亡此辺りに散在せしやらん、本村に沸泉一區あり、飲炊に用う」と書いています。山梨県立図書館編『甲斐国社記・寺記』の「天津司神社」には「一体ハ此近処西油川と申所の旧井に入て…西油川の井は古名鏡の井と申し」とあり、「鏡の井」の別称があります。

鏡池(釜池) 緑塊の下が、「天津司舞」の伝承に出てくる井戸です。注連縄の紙垂がわずかに残っていました。
 その下を覗くと、…コンクリートと土管(鋼管)で固められていました。井戸そのものの水位なのか溜まった雨水なのかわかりませんが、浅い水面には落ち葉が浮いていました。

 実は、この井戸は境外にあったので、初めて参拝した時は全く気が付きませんでした。ネットで知ってさらに調べて、後日改めて写真を撮りに行ったというのが、この写真と説明です。現在の井戸の姿は、「これが…」と興ざめするものなので遠景としました。

 島崎博則編『山梨県市郡村誌 』〔第九巻 山城村誌〕[池沼]から転載しました。

釜池 古昔鏡ヶ池と称す、周回約一丈程、本村の東方にあり、清冷鏡の如し、此辺井泉なきを以て村民之を飲用す、土人云う、深きこと限りなし、若し経行の婦之を汲むときは忽ち濁りを生ずと、村内に奉祀する天津司祭の時は前日より蓋をなし標を立て近づかず、何の故たるを知らず、

〔天津司舞について〕 鈴宮神社と天津司神社の例祭「天津司舞」は、以下のリンクで紹介しています。