諏訪大社と諏訪神社トップ / 諏訪神社メニュー /

島田郷一之宮御社宮司社 飯田市松尾上溝 1.8.3

島田郷一之宮御社宮司社参拝 1.7.21

 「この御社宮司社は、上溝の御射山社を探す中で偶然に見つけました」と言ってもストリートビュー上のことですが、今日改めて現実のその前に立つと、立ち寄り参拝者には嬉しい案内板がありました。代田鎮座の「下の宮諏訪神社」と同じデザインなので両社に繋がりがあることを思いましたが、設置者名はありません。

島田御社宮司社

島田御社宮司社 ごつい基壇がいかにもミシャグジという雰囲気ですが、案内板の冒頭で「島田郷一之宮」と高らかに謳っているのが何か一致しません。一般には、御社宮司社が表に出ることはないからです。
 さらに読み進めると「この地へ遷座した」とあり、旧鎮座地の字(あざな)が書いてあります。しかし、諏訪では見られない長大な河岸段丘を見下ろしても、「松葉」がどこにあるのか見当もつきません。江戸末期とあっては痕跡も残っていないと、新たに浮上した「藤の木の下にある古跡地巡り」は断念しました。

 ここまで来たので、スマホが表示している史跡「飯田古墳群」の一基「姫塚古墳」に向かいました。

案内板に不備が…

島田御社宮司社 案内板で気になるのが、「御社宮司古趾、在一藤樹下境内凡十台」とある記述です。ここだけ古文献からの転載という文体から、「十」の後に続く文言がそっくり抜け落ちているのが明白です。
 つまり「御社宮司社古趾一藤樹下」ということですから、「境内凡(坪)」と続けてみました。次の「」も意味が通りませんから、削除して「古代」を宛ててみました。こうなると、御社宮司社の称号「一ノ宮」も何か揺らいだものとなります。
 祭神を建御名方命としていることから、この案内板には、諏訪神社の記述が混在している可能性を思ってしまいました。