諏訪大社と諏訪神社トップ / 上社雑学メニュー /

諏訪大社と御柱(おんばしら)

 ただでさえ“複雑怪奇”な諏訪大社ですが、さらに、これもまた不可思議な「柱建て」が加わります。

「建て御柱」本宮一之御柱
建て御柱(上社本宮一之御柱)

 諏訪大社の二社四宮には、「御柱」と呼ばれる巨大な柱が社殿を囲むように4本そそり立っています。古来から現代まで、その時代の著名人が「御柱の意義」を解いていますが、未だに諸説紛々で「定説」となる決定打は出ていません。

 このサイトを運営している立場上、「御柱の意義」を人事のように放って置くわけにはいきません。そこで、取って置きの自説を掲げてみました。

「御柱は、境改(さかいあらた)めの杭です」

 諏訪の各区では、年度が替わると持山の境を新旧の役員が点検します。その際に、証拠として新しい杭を打ちます。これを“お祭り”にまで発展させた偉大なプロデューサーが諏訪にいた」ということです。
 これを掲げて、国内は元より世界中から理屈を引っ張ってきて「これこれこうだから、こうだ」という話は必要ないとして大見得を切りましたが…。